Q&A QUESTIONNAIRE

よくあるご質問をまとめました。

Q:無料の法律相談はありますか?
A:当事務所では、女性弁護士による女性のための初回1時間無料の法律相談を毎週月・水・金にやっています。
また、借金クレサラ初回1時間無料相談を毎週火・木の9:30〜18:00にやっています。
Q:夜や土日に法律相談できますか?
A:長野の事務所のみ、夜間有料法律相談を毎週火・木曜日21:00まで実施しています。
Q:メールで回答してもらえますか?
A:当事務所は、直接お会いしてお話をうかがった上で、回答をするという方針です。
従って、メールで相談を受け、メールで答えるということはできません。
Q:紹介がなくても、依頼できますか?
A:大丈夫です。一人で問題を抱え込んで悩まずに、相談してください。
Q:秘密は守ってもらえますか?
A:守秘義務がありますので、もちろん秘密は守ります。
家族や職場に知られたくない等のご事情があれば、それに応じた連絡方法をとるよう配慮しています。
Q:お願いすれば、必ず受任してくれますか?
A:当職らが相手方から相談を受けている場合や正当な利益実現ではない場合など、受任できない場合があります。
電話でお問い合わせください。
Q:弁護士費用を払う金銭的余裕がありません。弁護士に頼むことはできないのでしょうか?
A:民事法律扶助という法テラスの費用立替え制度が利用できる場合があります。
電話でお問い合わせください。
Q:どのような場合に、弁護士に相談したらいいですか?
A:法律に絡んだ問題ならば、何でも相談してください。
電話でお気軽にお問い合わせください。
Q:弁護士から内容証明郵便が送られてきました。どうしたら良いですか?
A:受領拒否は問題を先送りにするだけです。
内容を確認して、どのように対応したら良いかわからないようなら、ぜひご相談ください。
Q:法律相談するには、どのような準備が必要ですか?
A:時系列で事実を整理したメモがあると、相談しやすくなります。
契約絡みであれば契約書、相手方からきた書面など関係する書類があれば、お持ちください。